ふるさとは、ひとつじゃなくっていい

”遊学”「ふるさとを離れて、よその土地や国に行って勉強すること。」(大辞林)
これは、生きる力を育むためには、そして、住みよいまちを自ら創造するためには、とても大切なこと。だから私たちは”ふるさと”があることを忘れてしまわないように、誰がいつでも帰ってこれる大切な土地だと想えるように”ふるさと”を魅力にあふれた空間にしたい。地元の人たちも、訪れてくれた人たちも、みんなで笑顔で、手をつないで、変わらぬ歴史を刻める住み良い空間を創って待っています。みんなでいっしょに、遊びながら。私たちもいっしょに、楽しみながら。それがNPO法人遊楽です。

日本の原風景のなかにある可能性

遊楽は「空家再生活用」「農村地域振興」「都市農村交流」「農的暮らし促進」「食育の研究・促進」の5つの事業を軸に活動。都心部との交流の機会を積極的に図り、年間を通じて数多くの古民家での宿泊体験客の受け入れを行っています。今後空家をさらに古民家レストランなどの里美へ足を運ぶきっかけとなるような体験を得られる場所として活用してゆく予定です。

DATA

特定非営利活動法人 遊楽
〒311-0504
茨城県常陸太田市小中町1449

トップページへプロジェクトのセレクション