約400年の歴史を持ち、島の先人達からの伝統が生きづく宮古上布。

島に伝わる、職人が細かい作業に手間をかけて織り込んだ麻織物である宮古上布。藍染めの紺地に模様の入った軽やかな上布を仕上げる為には、熟練した人でも一日20~30センチくらいしか織れません。そのような大変価値のある宮古上布を、現代のライフスタイルとマッチしたジュエリーを始めとするプロダクトや、着物のシェアリングなどの仕組み等を導入することによって、より多くの人々へ宮古上布を愛用してもらうことを目的とした活動を開始しました。

トップページへプロジェクトのセレクション